アフィリエイトの仕組みを理解して収入を上げる!知らないと損をする1つの解決策。

The following two tabs change content below.
FUJIMURA
FUJIMURA
アフィリエイトを始めた初月から7万円の収益を達成!2014年には月収100万を突破。運営サイトは月間20万PVを超え、人気ブログランキングでも1位を獲得。2012年からアフィリエイトで生活をしています。 メールマガジンでは、ブログでは言えない濃厚な情報も発信し、様々なプレゼントをしていますので、よかったら登録してみて下さい。
アフィ初心者ネコ

アフィリエイトで副業をすると決めたのは良いけれど、基本的に「アフィリエイト」の仕組みが理解できてません。

副業でもはじめられるし、収入をアップできるとあって、サラリーマンに人気の副業なのに、ついていけないんです…。

こんなお悩みを解決します。

実は当サイトにはアフィリエイトに関するヘルプメールが結構届くんですが、「そもそも仕組みが理解できない」って内容が少なからず届くんですね。

アフィリエイトの仕組みに関していえば、A8.netやafBなどのアフィリエイトサービスを提供しているASP(アプリケーションサービスプロバイダーの略)のサイトを、しっかりと見れば”わかる”と思っていたのですが、残念ながら「理解しづらい」らしいです。

そこで、僕なりに簡単な「アフィリエイトの仕組みを理解するための概念図」を作ってみましたので、紹介していきます。

といっても、概念図なんていくらでもネット上に落ちているので、この記事では「まだアフィリエイト収入を得ていない人が見落としている、収入を得る仕組み」に集中して、まとめました。

 

A8.netとか、afBとか。メジャーなASPしか使っていないと、稼ぎにくい。

そんなお話です。

 

アフィリエイトで稼ぐ仕組み&作業フロー

アフィリエイトで稼ぐ仕組み&作業フロー

と・・・アフィリエイトの概念図に入る前に、仮にあなたが「アフィリエイトをやる!」と決めたら、どのような流れで作業を進めるのかを理解していただくために、下記の作業フローをご覧ください。

作業フロー
  1. アフィリエイト出来そうな商品をASPから探して、提携をする。
  2. アフィリエイトサイト・ブログを立ち上げて、広告を貼り付ける。

そう、アフィリエイトを簡単に説明すると、この2ステップだけなのです。

もちろん、検索されそうなキーワードを探したり、ライバルサイトの動向のチェックなどもありますが、最初は全く気にする必要はありません。

自分の感覚で売れそうな商品を探して、その商品を紹介(販売)するためのサイトやブログを作るのです。

ここを色々と調べてしまうと手が止まってしまうので、まずは作ってみることをオススメします。

そんな流れを頭に入れた状態で、次の図をご覧ください。

アフィリエイトの仕組み概念図(収入が振り込まれる流れ)

アフィリエイト報酬の仕組み

インターネットユーザー(あなた以外の第三者)が、自分の作ったアフィリエイトサイトにアクセス。

貼り付けたアフィリエイト広告がクリックされ、商品販売ページにてそのまま商品が購入されると、あなたにASPから手数料として報酬が振り込まれる。

これがアフィリエイトの仕組みです。

アクセス2だったら、報酬が発生しないわけですね。

 

意外とシンプル。

つまり、あなたがアフィリエイトで稼ぎたい!と思われるなら、この「自分が作ったアフィリエイトサイト」でユーザーが満足するような情報をしっかりと提供して、検索エンジン(GoogleとかYahoo)からの評価を集めれば良いだけなんです。

藤村
今の時代はSNS経由も狙っていきたいところですが、基本的には検索エンジン対策は絶対です。

あなたが今もし、ブログをお持ちのようなら、そのブログから「商品が売れるように工夫」すれば良いだけですよね。

もちろん、「商品を売る」為には知識が必要です。
それが「ルレアプラスとかアンリミテッドアフィリエイトネオといった情報商材(ノウハウ)」には詰まっています。

だからこそ、アフィリエイトで稼ぎたいと思われているアナタには、まず1つ、ベースとなる情報商材を購入して頂き、アフィリエイトで稼ぐ為のノウハウ・スキルを手に入れてもらいたいのです。

無料で始めたい!というなら僕のメルマガに登録してみて、特典をチェックしてみてください。

回り道をすればするほど、時間を無駄にしてしまいますので注意が必要です。

初心者が知らないアフィリエイトASPの仕組みで収入を上げる

初心者が知らないアフィリエイトASPの仕組みで収入を上げる

では、ここからはひっそりアフィリエイトで稼ぐ方法を紹介していきます。

ぶっちゃけ、僕は初心者さんが知らないようなアフィリエイトASPを複数活用しています。

マニアックなアフィリエイトASPを使っているという意味ではなく、実は「自社でアフィリエイトの仕組み」を持っている会社と提携をし、商品を紹介しているのです。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトの仕組みは上記で紹介した通り、基本的には広告主と、アフィリエイターであるアナタとの間には、ASPと呼ばれる仲介業者が存在します。

従いまして、広告の取得はもちろん、報酬の支払いなどは、このASPを介して行うことになるわけですが、自社でアフィリエイトの仕組みを持っている会社と直接提携する場合には、この仲介業者であるASPさんがいなくなるわけです。

つまり、以下の工程のすべてが提携した会社様と直接行うことになっていきます。

  1. 広告の配信~提携
  2. 広告の掲載
  3. 広告のクリック、クリック確認
  4. 購入の申し込み、申し込み確認
  5. 成果承認
  6. 報酬の支払い
  7. 受け取り

直接やれるなら、その方が報酬金額も高くなるだろうから良さそう・・・と思うかもしれませんが、実際にはそうでもなかったりしますので、この自社アフィリエイトの仕組みを実際に使っている自分が、メリットとデメリットについて解説しておきます。

自社アフィリエイトの仕組みと提携するメリット

自社アフィリエイトの仕組みと提携するメリット

まず、自社アフィリエイトを使うメリットですが、以下の3つが主に上げられます。

  1. ライバルとなるアフィリエイターが少ない
  2. 情報・商品の提供をしてもらいやすい
  3. 報酬単価が高い

1つずつ解説していきます。

メリットになる仕組み1つ目:ライバルとなるアフィリエイターが少ない

まず、ライバルとなるアフィリエイターが少ないというのは、非常にメリットです。

自社アフィリエイトで扱われている商品のほとんどは、各アフィリエイトASPに登録されていないものばかり。

なので、ライバルとなるアフィリエイターさんに情報が伝わっていないケースが多く、ライバルサイトの調査をすると、ねらい目のキーワードがガラガラ(直ぐにでも上位表示できそうな雰囲気)だったりするのです。

なので、力をいれなくても、物によっては非常に効率よく稼ぐことが出来るというメリットがあります。

メリットになる仕組み2つ目:情報・商品の提供をしてもらいやすい

2つ目は、自社でアフィリエイトの仕組みを持つ会社の場合、担当者様と密なやり取りが出来るようになるケースが多い。

そのため、商品の提供はもちろんのこと、○○の商品の作る工程の写真が欲しい・・・等の要望も聞いてもらえたりします。

また、売りやすくする為に、値引きクーポンを発行してもらえたりもしますので、アフィリエイトしやすい環境をASPを通すよりも整える事が出来るようになるのもメリットです。

メリットになる仕組み3つ目:報酬単価が高い

3つ目はやはり報酬単価の高さです。

仲介業者がいない分、当然報酬の単価は高く設定されている場合が多いというメリットがあります。

自社アフィリエイトの仕組みに、デメリットやリスクはあるのか?

自社アフィリエイトの仕組みに、デメリットやリスクはあるのか?

逆に自社アフィリエイトを使われている会社と提携をして、アフィリエイトサイトを作った場合のデメリットやリスクについて紹介しておくと、以下の通りです。

  1. 報酬が支払われるかわからない!
  2. アフィリエイトの仕組みを理解していない!

こちらも1つずつ解説していきます。

デメリットになる仕組み1つ目:報酬が支払われるかわからない!

まず1点目の「報酬が支払われるかわからない」という点に関しては、一般的なアフィリエイトASPに比べて会社の信用度が低いケースが多いのです。

そもそもちゃんと計測をしているのか?については、いささか怪しい所があります。※大手ASPと比較した場合にです。

僕が提携している「自社アフィリエイトの仕組みを持つ会社」は、何の問題も過去に起こっていませんが、ちょっとでも怪しい・・と感じた会社であれば、直接提携はせずに、いわゆる一般的なASPを利用したほうが良いと思います。

基本的にアフィリエイトASPを挟んでおけば、広告主が報酬を支払えなくなったとしても、ASPがなんとかしてくれる可能性が高いので、安心してアフィリエイトを進めていけるかと思います。

デメリットになる仕組み2つ目:アフィリエイトの仕組みを理解していない!

2点目の「アフィリエイトの仕組みを理解していない」というのは、アフィリエイトをはじめとしたインターネットマーケティングに精通している人がその会社にいない限り、アフィリエイトの広告の発行等がスムーズに出来ないということです。

僕が実際にあったケースでいうと、広告の掲載を始めた数か月後に突然売り上げが上がらなくなったので、「おかしいな・・・」と思って調べてみると、リンク先が消えていた・・・なんて事がありました。

仕組みを理解していない人が担当者になってしまうと、こういったケースも普通に起こってしまいますので、注意をしておかなくてはいけないのです。

まとめ

まとめ

もし、どうしても扱いたい案件があって、それが自社アフィリエイトの仕組みでしか活用できないのであれば、自社アフィリエイトを利用してみてもいいと思います。

ただし、上記にも上げた通り、一般的なアフィリエイトASPとはいろいろと違うところもありますので、アフィリエイトの初心者であれば、まずは一般的なASPを利用することをオススメします。

アフィリエイト運営記録

アフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)を一覧で紹介

2013年12月8日

上記記事をご覧になると、登録しておきたいASPが一覧になっていますので、まだ登録がお済でない場合には登録しておいてくださいね。

藤村

アクセスが集まる人気サイトを運営していると、向こうから「提携したい」と言ってくるようになるので、あえて自分から探しに行かなくても良くなります。

そこまで耐えてもらえれば、アフィリエイトはもっと楽しくなりますよ!