【アフィリエイト初⼼者】SIRIUSを使って稼ぐ講座1:商品を決める

どうも、藤村です。

今日もアフィリエイトで効率を上げる情報をお伝えしていきます。

※毎週金曜日の21:00までにアップ中!

アフィリエイター
藤村

さて今日は「アフィリエイト初心者に向けて、SIRIUSを使って稼ぐ講座1:商品を決める」についてお伝えしていきます。

今回から少し連載企画として、アフィリエイト初心者に向けて、SIRIUSというホームページ制作ソフトを使って稼ぐ方法というか、自分が一から立ち上げていく過程を公開していきたいと思います。

SIRIUSよりもWordpressでしょ?なんて思われている方も多いみたいですが、実はSIRIUSで作られたアフィリエイトサイトは「メンテナンスの少なくてコスパがいい」んです。

また、アフィリエイトの「やり方」は多少わかってはいるけど、実践してみようと思うと止まる・・・なんて方が多いみたいなんで、今回は最短でアフィリエイトサイトを立ち上げて、なるべくなら稼げるところまで紹介してみたいと思っています。

内容は簡潔にまとめています!

週末に挑戦する作業の1つのヒントにしてもらえたら幸いです。

SIRIUSについては、以下の記事をご確認ください。

ノウハウ

SIRIUS(シリウス)特典付レビュー!アフィリサイト作成の決定版。

1.アフィリエイトする商品を決める

アフィリエイター

では、まずは「アフィリエイトする商品」を決めていきます。

  • 一件売ると500円以上稼げる
  • 出来るだけライバル不在の案件
  • 自分が興味を持てる案件

この3つの事を意識しながら、A8ネットでプログラム検索していきましょう。

↓ASPの登録はこちら

運営記録

アフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)を一覧で紹介

A8で検索

検索してみた結果、124件もの案件が出てきました。

A8で検索

続いて、表示件数を50件にして、並び順を「報酬額が高い順」にして案件を全部チェック。

新規会員登録で5万円など、高額報酬のものが結構見つかりますが、この報酬額に目を奪われないようにして「長く稼いで行ける案件か」をチェックしていってください。

長く稼いで行ける案件か?

パソコン

長く稼いで行ける案件かどうかの判断は、

  • 会社がしっかりとしているか?
  • 案件が終了しても他に転用できるものか?
  • 薬事法などが絡んでいないか?
  • 一過性のものでないか?

この辺りを見ておくといいです。

例えば「タピオカ」のように、ぐぐっと人気が出て消えてしまうようなものを案件に選んでしまうと「結構厳しい」ということです。

会社がしっかりとしているか?については、アフィリエイト撤退をすぐに決めてしまう可能性が低そうなところを選ぶのが良いでしょう。

具体的には上場企業だったり、大手企業だったりすると撤退する可能性が低くなります。

続いて、案件が終了しても他に転用できるものか?については「タピオカ」を例にするとわかりやすいですが、他の案件に転用しにくいものを選ぶと、案件が終了したときに大変だという話です。

  • 筋トレ系ジム案件→ほかのジムやプロテインなどの案件

のように転用できるものを選ぶようにしましょう。

薬機法やお金などが絡んでいないか?については重要で、上位表示にしくいので選ぶのはやめておきましょう。

なんのことかわらからない方は、以下の記事は目を通しておいてください。

YMYL『Your Money or Your Life』
薬機法について

案件選びがどうしても難しい!という方は、以下の記事を参考に「今使っているもの」を選んでみてはどうでしょうか?

アフィリエイトノウハウ

【挫折しない】アフィリエイト初心者がSIRIUSで稼ぐための最短距離

藤村

一応私がピックアップした案件については、以下の記事で紹介しました。この作業公開の中で、今後進捗を公開していきます。

特典

保護中:アフィリエイト実践ノート2021|藤村の作業内容を大公開!

2.10案件ほどピックアップして調査する

アフィリエイト

とりあえず、上記内容を気を付けながら、10案件ほどピックアップしていきましょう。

私が調査した結果、残念ながら3件ほどしか「面白そうな案件が新着にはなかった」ので、さらに検索を続けていきます。

A8ネットに戻り、新着という枠を取っ払って、面白そうな案件を探していく。

私は人が狙わないようなところを攻めていくのが好きなので、ファッションとか、学び系案件、家で楽しめるものなどを中心に見て言った感じです。※結果6件気になるものがありました。

なお、案件選びのポイントに「会員登録してまで、そのサイトで買う理由があるか?」を見るのも大切です。

例えば、マスクの案件があったとして・・・アマゾンでもその商品が売られていた場合、同じ価格だったとしたら「どちらで買うか?」を考えてもらうとわかりやすいと思います。

会員登録って結構なハードルなのです。

調査するのは一般ユーザーの関心=検索数

では、案件の何を調査するのか?といえば検索数と、サイトイメージです。

この案件いいかも!と思っても、検索されていなさすぎるものは興味関心がないものと判断します。

アクセスを集めることが出来ない案件は、そもそも案件として扱うのが難しいのです。

グーグルのキーワードツールじゃなくても、こんなのを使っても良いですよ。

検索数のチェック

そして、広告主のサイトをチェックしてみたときの印象も大切。

自分がアクセスをしてみて「なんじゃこれ?」と思うようなサイトであった場合には、案件として取り扱わないようにしましょう。

この時に大切なのは「スマホでチェックする」事です。

今やサイトへのアクセスの8割くらいはスマホからとなっていますので、PCでアクセスした際の印象よりもスマホからアクセスした際の印象を指標にしましょう。

藤村

この後やることに関しては、ライバルサイトのチェックですが、こちらについてはまた来週アップしていきます。

今日はここまでにしておきます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

週末のアフィリエイト作業にお役立てください。

また来週の金曜日、21:00にお会いしましょう。

質問や書いてほしいテーマがあれば、問い合わせからお願いします。