アクセス解析ツール一覧(無料&有料版)|サイトの分析で出来る事

無料・有料を問わずに一般的に使われている「アクセス解析ツール」を一覧で紹介します。

基本はGoogleアナリティクスを使えばOKですが、登録をしすぎると管理がしにくくなるのがネックですね。

無料ブログ等については無料のアクセス解析ツールを活用しましょう。

アクセス解析ツールを入れる理由

アクセス解析ツールを入れる理由

アクセス解析ツールを自らが作ったサイトに設置する事によって、

  • 自分では気づかなかったキーワードを発見
  • アクセスされたキーワード
  • サイトの滞在時間
  • コンバージョン率

などを知ることが出来るようになります。

最初のうちは何の事だかわからないかもしれませんが、とりあえず入れておくだけでも後から分析・解析が出来るので、必ずサイトを立ち上げたら無料のもので構いませんので設置するようにしましょう。

この分析・解析データが無ければ、後のSEOのためのアクセス解析も出来なくなってしまいます。

※各アクセス解析ツールによって、データの保存期間が決まっているので注意してください。

例えばですが、Google Analyticsではどのような情報を知ることが出来るか?と言えば、「どのような人が、どこから、どのページを見て、どうした?」という情報をアクセス解析から知ることが出来ます。

  • 新規訪問が多いのか?リピーターが多いのか?
  • パソコンから見ているユーザーが多いのか?
  • スマホから閲覧しているユーザーが多いのか?

等をチェックしていくことで、今後、サイトをより良いものにしていく為の改善点が数字(情報)としていただけるのです。

特に「サイト滞在時間」は、Googleの評価基準とも言われていますので1分を下回っている場合には注意が必要です。

Webサイトの分析で手に入れる情報

Webサイトの分析で手に入れる情報
  • どのような人が?
  • どこから自分のWebサイトに来た?(トラフィック)
  • どのページを閲覧して?
  • どういった行動をとったのか?(コンバージョン)

アクセス解析をしなければどうなるか?

アクセス解析をしなければどうなるか?

では、こういったアクセス解析を仮にしなかったとしたら、何か問題があるのか?

仮にアクセス解析ツールを導入していない、100ページくらいの大規模なアフィリエイトサイトをアナタが作成したとして、どうにも売り上げが延びなくて悩んでいるとします。

この時にアナタがとる対処法は何があるのでしょうか?

  • 記事を追加する
  • デザインを変更してみる
  • 狙っているキーワードを変えてみる
  • コンバージョンコンテンツ内を見直す

などなど…数字ではなく「何となくの感覚」で自分のアフィリエイトサイトを修正していくことになるでしょう。

しかし、アクセス解析ツールを設置しておけば、毎日どれくらいの人が自分のサイトに訪れているかはもちろんのこと、サイトに滞在してくれている時間や、直帰率、一度サイトに訪れた人が何ページ見ているのか?などのデータを取得することが出来ます。

そのデータを元に「どこをどのように修正していけば良いか?」が一目瞭然になっていきますので、全ての修正作業に仮説を立てることが出来るようになります。

藤村
やみくもに作業しなくても良いというのは、アフィリエイターにとってかなりのプラスです。

仮に、100ページもあるのに1日あたりのページビューが1桁だったとしたら、まだまだ検索エンジンにインデックスがされていない状態になっているか、狙っているキーワードや記事の質が悪いという仮説が立てられます。

平均セッション時間(サイト滞在時間)が、1分未満であれば“読み応えがない”とユーザーから判断されている可能性が高いので「記事を追加する」という仮説&改善策が立てられます。

直帰率が高ければ、サイトを開いた瞬間に閉じられてしまっている可能性が高いので「デザインを見直してみる」などの仮説&改善策が立てられるのです。

つまり、アクセス解析ツールを導入することで、仮説を立て改善する対処が取れるというわけです。

アフィリエイトサイトは特に何を見るべきか?

アフィリエイトサイトは特に何を見るべきか?

では、アフィリエイトサイトを運営する人は、何を中心に見ていけば良いか?という話ですが、まずは「自分のサイトに訪れた人が検索したキーワード」をチェックしてみましょう。

仮に「A脱毛器 口コミ」という検索キーワードによって自分のサイトを訪れている場合には、「A脱毛器 口コミ」にて検索順位が上がっている可能性が高いことがわかります。

この検索キーワードを調査することによって、自分でも気がつかなかったキーワードでアクセス数を集めることが出来ることが分かりますので、サイトの改善を行う際はもちろんのこと、別のアフィリエイトサイトを作る際にも役に立ちます。

訪問者の属性を知る

また、訪問者の属性として、「新規訪問」なのか「リピーター」なのかもチェックしておくと良いでしょう。

商品を紹介するアフィリエイトサイトでは、新規訪問を増やしたほうが良いとは思いますが、仮に「美容系サイト」のように美容ジャンルのアフィリエイトサイトを運用する場合には、毎回記事をアップするたびに読んでくれるファンを増やす必要があるのです。

この場合には、新規訪問ではなくリピーターが増えているほうが良いというわけです。

自分が書く記事を楽しみにしてくれる人が増えれば増えるほど、売上増加につながりますので、ジャンル型のアフィリエイトサイトを運用されている人は、是非新規とリピーターの比率をチェックしてみてください。

アクセス解析ツール一覧

アクセス解析ツール一覧

※随時、ツールおよび使ってみた感想を追加していきます。

サイト名 詳細
Google analyticsGoogle analytics 利用料金:無料
アクセス解析の大定番ツール。無料でここまで使わせてもらっていいの?と思うくらいです。Google analyticsを導入したことによるメリットは沢山ありますが、デメリットはほとんどありません。
これから育てていくつもりのサイトであれば、Googleマスターツールとあわせて必ず導入しておきたい解析ツールです。キーワードはもちろん、サイトの滞在時間、さらにはどのページで離脱したか?など、詳しい解析を行なう事が可能。
忍者アクセス解析忍者アクセス解析 利用料金:無料 ※広告非表示は有料
すいません。使った事がありません。
i2iアクセス解析i2iアクセス解析 利用料金:無料 ※広告非表示は有料
情報商材ルレアでも推奨されていたので使い始めた解析ソフトですが、最初はこれでも十分です。ただ、スマホで見たときにわけのわからない広告が出てきてしまうのは最悪です。私は無料ブログにはこのi2iアクセス解析を使っていますが、HTMLサイト、Wordpressのサイトには使わないようにしています。
FC2アクセス解析FC2アクセス解析 利用料金:無料
すいません。使った事がありません。
リサーチアルチザンリサーチアルチザン 利用料金:初月無料 月額490円から
※広告非表示は有料高機能なアクセス解析ソフトになります。訪問者がどのようにマウスを動かしているのか?まで解析することが出来てしまうので、解析そのものが楽しくなりそうです。アナリティクスよりもシンプルな操作になっているので使いやすいと評判。※現在テスト的に使っています。

アクセス解析ツールを設置したらスマホの表示を必ずチェック

アクセス解析ツールを設置したらスマホの表示を必ずチェック

パソコン画面では気にならない広告も、スマホで見てみると「i2iアクセス解析」のように、とんどもなく邪魔になるものがあります。

この点は注意してください。

というわけで、主要なアクセス解析ツールを一覧で紹介させてもらいました。

最悪でも一つは導入しておいて、Webサイトの分析・改善が出来る準備をしておきましょう。

 

その他アフィリエイトに必要なツールは以下にまとめてありますので、是非チェックしてみてください。

アフィリエイトノウハウ

アフィリエイト歴8年目!オススメの愛用ツールを解説付きで徹底紹介!