afbパートナー募集

この記事を読むのに必要な時間は【約 13 分】です。どうぞお楽しみ下さい。

アフィリエイトサイトは基本的に「販売を目的」としたサイトになるため、あまり検索エンジンや、ユーザーからは好かれないとお考えの方がいますが、実際には「価値を提供する事」が出来れば、アフィリエイトサイトであっても、嫌われることはないと思います。そこでこちらのページでは、オリジナリティのあるサイト作りをする5つのステップを具体的に紹介します。


ステップ1:徹底的な情報収集

アフィリエイトサイト=5ページくらいの簡単なサイトを作成して、誘導ボタンをクリックしてもらえればOK!とおっしゃる方や、そういった手法を推奨している情報商材があります。

確かにキーワードをズラス事によってアクセスを集め、短期間にはなりますが、少しの利益を得るということであれば、こういった方法も無しとはいえませんが、残念ながらこのような手法に頼ってアフィリエイトをしている方は長続きしません。

では、何をすれば良いのか?と言えば、オリジナリティのあるサイト作りをする必要があるのです。

そのための第一ステップとしては、「徹底的な情報収集」です。

情報収集しているパソコン

(情報の収集には、インターネットが欠かせません)

僕は新規サイトを作る際に、1~2日間は記事を書いたり、デザインを考えるなどの「実作業」をしません。

何をするかと言えば、インターネットを活用して狙っている商品に対する情報を徹底的に収集します。そして、エクセルやマインドマップを使ってまとめていくのです。

 

その後、「これ以上ネットでは調べようがない・・・」と、行き詰った段階で図書館へ向かい、関連図書をチェックしながら更に情報を肉付け、深堀りをしていきます。

最初の頃は「作りながら考えればいいか」と思っていましたが、大規模なサイトになればなるほど、それではうまくいかなくなりました。そこで、いわゆる目次を最初に作るようにしていったのです。

 

ライバルサイトはチェックしない

このときに注意したいのは、他のアフィリエイターが作った「ライバルサイト」はチェックしないということです。

最初の段階で他の方が作ったアフィリエイトサイトをチェックしてしまうと、どうしても「似通った内容」になってしまう危険性もあるからです。似通った内容になれば、コピーサイトのような判定を受けてしまうリスクもあるので、注意が必要です。

慣れてこないうちは、「どれがアフィリエイトサイトか?」という判断がつかないかもしれませんが、情報収集に慣れてくると直ぐにわかるようになります。

 

ステップ2:ターゲットの設定

次に行うのは、ターゲットの設定です。アフィリエイトサイトであろうと、普通のホームページであろうと、何かを販売するサイトを作る場合には、商品を購入してもらいたい相手を想像する必要があります。

俗にペルソナ設計とも言いますが、具体的に想定されたターゲットがなければ、中途半端な情報提供になってしまう可能性がありますので、このターゲットの設定はしっかりとやっておきましょう。

若い女性

(大学に通う20歳の女子大生というペルソナだとしたら、こんなイメージでしょうか)

ここで役に立つのが最初のステップで得た「濃厚な情報」です。

仮にAという洗顔石鹸を売る為のアフィリエイトサイトを立ち上げよう!と思い、販売ページに書かれている情報を転記するようなやり方をすれば、実際にA洗顔石鹸を使いたいと思っているユーザーの事がわからないままでサイトを作ることになってしまいますので、掲載する情報としても薄っぺらになってしまいますよね?

もう少し具体的に説明をすれば、A洗顔石鹸を購入しているユーザーは40代以上の女性がメインであったにも関わらず、年代は何も関係なく「女性」というだけのキーワードでサイトを作成するようなものです。

10代の女性に対して訴求すべき洗顔石鹸のポイントと、40代以上の女性に訴求すべきポイントが違ってきますもんね!※化粧品のCMでも起用する芸能人が違いますもんね。

ペルソナ設計について、どこまで具体的にやれば良いか?については、年齢、性別、職業、趣味、地域、既婚・未婚、そして関心のありそうなものへのキーワードなどを抽出すれば十分かと思います。

僕の場合はペルソナの設計が終わりましたら、狙っているターゲットが購入しそうな雑誌を本屋で立ち読みしながら、使うべきキーワードなどをチェックしたりしていますが、これをやるだけでも、オリジナリティのあるサイト作りに大きく役に立ちます。

 

POINT
ペルソナ設計がどうしてもわからない!という場合には、身近にいる人をそのままターゲットに設定してみてください。友人に「A洗顔石鹸」に興味を持ってもらうには、どんなサイトづくりをすれば良いか?そんなことを考えているうちに、良いサイトに仕上がっていくことがあわかると思います。

 

ステップ3:目次作り・コンテンツマップの作成

情報収集とターゲットが確定したら、次はコンテンツマップの作成です。

どんなサイトを作っていくべきかを、予め目次作るようなイメージで、全体像が見えるようにしておきます。

僕は大規模サイトを作る際には必ずこういったコンテンツマップを作っておりまして、100ページ分くらいのタイトルと、キーワードをエクセルで準備をして、そこから実際に記事を書いていくようにしているのですが、これが出来ていると「迷い」がないのでスムーズにサイト作成をしていくことが出来ますので、是非やっておきましょう。

メニュー

(何を書いていくか?を予め決めるのは重要です)

当ブログのように、「WordPressを活用した更新型ブログ」のものに関しても、ざっくりと何を書くべきか?についてのコンテンツマップを作成してあり、その通りに更新をしています。

初心者アフィリエイターさんがつまずいてしまうというか、僕自身も最初の内、アフィリエイトサイトを更新していく上でつまずいたのは、最初にこういった設計図を最初に作っていなかったからだと思ってます。なので、何日かかってもいいので、最初にコンテンツマップだけはしっかりと作りこむようにしておく事をオススメします。

なお、サイトの規模にもよりますが、1サイトをいくら稼ぎたいのか?について、このあたりでハッキリとさせるとよいでしょう。 「目標金額からの逆算表」をご覧になると、どのように目標設定をすれば良いかがわかると思います。

 

購入してもらうための材料を意識する

また、アフィリエイトサイトのコンテンツマップを作る際のポイントとして、如何に購入してもらうか?が非常に重要なポイントになりますので、ユーザーがサイトを訪れた際に、購入するための判断材料を用意してあげることを意識することが大切です。

口コミだけあればいいでしょ?なんて人もいますが、正直言って、口コミを並べまくられても怪しいと感じる人もいるし、口コミだけなら「@コスメ」などの大手サイトを見たいと思うでしょう。

だったら、口コミのデータをまとめて、全体の何パーセントの人が良いといってる、その理由は●●といったような統計データを用意しておくとか、最終的に一番安いサイトから購入したいと思われるお客様に対して、予め先回りをして最安値のサイトをチェックしておいてあげるといった情報もいれておいてあげるわけです。

グラフ

(統計データは、信頼度が増します)

何となく記事を書いてサイトのボリュームを増やしているだけだとしたら、こういった気配りは出来ないと思います。予め、何故ターゲットの人が情報を検索をしているか?どんな情報を提供してあげたらよいか?などを、このコンテンツマップには入れていきましょう。

 

POINT
この段階にはいったらライバルサイトとの比較を行ってください。似たような構成になっていたら、別の切り口を見つけるとよいでしょう。最初にお伝えしたとおりですが、ライバルサイトのチェックを最初にやってしまうと「いつのまにか寄っていく」傾向にあるので、コンテンツマップが出来上がった段階でチェックしていくほうが良いと思います。

 

ステップ4:更新スケジュールを予め作る

コンテンツマップが完成したらいよいよ記事の作成・・・と行きたいところですが、まだもう少し事前準備に時間をかけます。

次に行うのは記事の更新スケジュールを作っておくことです。どの記事をどのタイミングで更新していくか?を事前に決めておくことで「更新が止まってしまう事を防ぎます」。

サイトをアップする時期にもよりますが、イベントのスケジュールにあわせながら記事を更新すると、旬な検索キーワードでひっかけることも出来るので、ぜひ公開時期に合わせてイベントスケジュールも利用してもらいたいと思います。

熱気球

(海外旅行に行く前にスケジュールを決めるのと同じ感覚です)


参考:「年間行事、イベントからアフィリエイトで売れる商品を探す」を参考にすれば、年間行事が把握できます。

 

ステップ5:オリジナリティのある文章を書く

最後は、コンテンツマップに従ってオリジナリティのある文章を書くことです。

ステップ1で得た情報によって、アナタはある程度「そのサイトのジャンル」の情報を持っていますので、自然とオリジナリティのある文章が書けるようになっていると思います。

重点的に取り扱うキーワードを決めて、記事を書いていけば、いつの間にやらSEOの効果も得られることでしょう。

記事を書く
「何文字以上書いたほうがよいか?」とか、「タイトルにキーワードを含めるべきか?」といった話も、良くアフィリエイト業界では出てきますが、最近の僕の感じからすると、あまり気にしなくてもよいのでは?と思ってます。

ただ、100文字程度で紹介できるような内容を、わざわざ1記事作る必要もないというか、その程度の内容であれば自分が新しく作るサイトを調べなくても、他に既にある可能性が高いことを考えれば、その記事自体を書くことを僕なら辞めてしまうと思います。

また、不自然なタイトルになるくらいなら、キーワードも含めません。

検索エンジンの事、SEOの事を意識すれば、タイトル内に狙ったキーワードを入れるべきなんでしょうけど、「無理やり」は入れません。それよりも、2で作ったターゲットなら、「どんなキーワードを入力して、どんな答えを求めているか?」を優先させていきます。

これは僕の見解ですが、「商品を売るために美味しいキーワード」はアフィリエイターさん達がこぞって同じようなタイトルをつけていると思いますから、差別化が難しくなるので、あえてそこは狙わないで記事を書くようにしているというわけですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?これが僕が実際にやっているオリジナリティのあるサイトの作り方」の5つのステップです。

この後に、ある程度記事の投稿数が増えてきたら「デザイン」であったり、「ソーシャルメディアの活用」などの露出起点の運用がはいってきますが、オリジナリティのあるアフィリエイトサイトを作られるなら、検索エンジンからの集客が不可欠ですので、まずはこの5つのステップを実践していくようにしています。

参考:デザインについては「保存版!プロが教えるホームページのデザインを劇的に変える7つの方法」が参考になります。ソーシャルメディアの活用など、アクセスアップに役立つ記事は、「ホームページのアクセスをアップさせる有効な方法」を参考にどうぞ。

 

今回紹介したようなステップでサイトを作成し、100記事以上の質の高い記事を投稿&商品選びで間違えなければ、1サイトで1万円以上は高い確率で稼げるようになると思います。

アフィリエイトサイトだからといって手を抜くことなく、オリジナリティにあふれて、検索エンジンを使うユーザーに価値を提供できるサイト作りを一緒に実践して検索エンジンをより良いものにしていきましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.
FUJIMURA

FUJIMURA

Lureaを購入した初月から稼ぎ出し、2014年には物販アフィリエイトで目標だった月収100万を突破。運営サイトは月間20万PVを超え、人気ブログランキングでも1位を獲得している。後発組みながら安定した報酬を得ながら、購入者様のサポートを大切にしている副業アフィリエイターです。 メールマガジンでは、ここでは言えない濃厚な情報も発信していますので、もしよかったら登録してみて下さい。