オールドドメインのチェック方法。ブラックリスト&ペナルティを回避する取得方法。

アフィリエイトサイトを運営していく上で、短期間で収益を上げるために非常に重要となるのが、オールドドメインの活用です。サテライトサイトとしても強力な力を発揮するオールドドメインは、活用方法、取得方法を間違えると、ペナルティを食らっていたドメインを購入してしまう可能性もありますので、こちらのページを参考にして「ペナルティのリスクを低くした強力なオールドドメイン」をゲットしましょう。

 

WEBデザイン

オールドドメインがブラックリストにはいっていないか?

探してきたオールドドメインを契約する前に見ておきたいサイトとして「aguse」というものがあります。

どのようにブラックリストにはいっていないかチェックするかというと、チェックしたいドメインのURLを「調べたいサイトのURLを入力してください」と書かれた窓に入力して、「調べる」をクリック。

その後に出てきた画面の一番下に「ブラックリスト判定結果」という項目が出てくるので、全ての項目がSAFEになっているかどうかをチェックします。たったこれだけの事で、11種類ものブラックリストチェックが出来るので、必ずやるようにしておきましょう。

aguse

URLを入力するだけで、SAFEドメインかどうかの判定をしてくれる便利なサイトです。

オールドドメインチェック「aguse」

Google Adsense Sandbox

アドセンスが使えるかどうかをチェックすることで、Googleからペナルティを受けているかを簡単にチェックするサイトです。

二重チェックのように使っています。

Google Adsense Sandbox

 

ブラックリストチェック

あわせて「世界のURI (ドメイン)ブラックリストチェック」もチェックしておくと三重チェックになるのでオススメです。

http://www.rbl.jp/checkuri.php

http://www.rbl.jp/checkuri.php

ドメインの前のオーナーの運営状況をチェックする

続いて、「archive.org」というサイトにURLを入力して、キャッシュの状況(運営状況)を調べます。

この情報を知ることによって、

  • どれくらいの時期(年代)に最も更新がされていたのか?
  • いつぐらいから更新が止まっているのか?
  • どんな内容のサイト運営だったのか?

などの情報を知ることができます。

こういった情報を知ることによって、ほぼ毎日のように更新を続けていたけど、突然数年前に更新をやめてしまった(会社が終わった、イベントが終わったなどの理由が多い)・・・というような僕的には非常に優れたオールドドメインを見つける手がかりになるのです。

archive.org

気になっているオールドドメインの過去の運営状況が丸裸になるサイト。

取得前に必ずチェックしておきたい。

大して更新もされていないのに、被リンクが集まっているようなサイトだった場合には前の取得者がブラックなSEOによって被リンクを集めている可能性も高いので要注意です。

オールドドメイン「archive.org」

ページランクを一気にチェックするサイトを利用する

ある程度、気になるドメインをリストアップしていったら、後はGoogleのページランクを一気にチェックしてみます。

僕は「123SERVER」が提供している「ページランク一括チェック機能」を利用しています。

こちらのサイトを利用するメリットとしては、

  • 100個のドメインを一気にチェック出来る
  • 無料でこのチェック機能を使うことが出来る

といったところですね。

123SERVERページランクチェック

なかなか100個のドメインをチェックすることはないかもしれませんが、オールドドメインを基本としてアフィリエイトをしている場合には使えるサイトです。

ページランク一括チェック
補足
2018年現在、ページランクは意味がなくなりましたので調べる必要がありません。

被リンクの質や数をチェック

最後は、そのドメインに対して「どのような被リンクがついているのか?」を「SEOチェキ」などを使ってみていきます。

昔は被リンクの数が多ければ多いほど良いとされていましたが、今の時代は「質」と「属性」が非常に大切となってきますので、これから作ろうとしているサイトに属性があうかどうかを見ていくことは非常に重要です。

SEOチェキ

被リンクの数を簡単に調べられます。

被リンクチェック用のサイトは他にも沢山ありますが、これひとつでも十分かと思います。

SEOチェキ

有効期限が切れたドメインを探すサイト

最後に、そんなオールドドメインを探すサイトを紹介しておきます。

気をつけていただきたいのは、「オールドドメインは過去に使用者がいた」と言うことです。

つまり、滅多にはありませんが「このドメインを返せ!」とクレームがつくこともあるらしいと言うことですね。

特に海外で使われていたドメインを活用して、このような面倒なトラブルに巻き込まれてしまうと、かなりうっとおしいらしいです。

※僕はそういったトラブルに巻き込まれたことはありませんが、ネットで調べてみると意外といらっしゃいます。

あとは、アフィリエイターが使っていた「ダメなドメイン」である場合があるので、注意しましょう。

Domain Inferno

.com、.netなどのメジャードメインで有効期限がきれたものを探してくれます。

Expiredの欄をみると、「いつドメインの有効期限がきれたか?」が簡単に調査できますので、有効期限が切れたてのホヤホヤのドメインも見つけられます。

domaininferno
補足
便利なサイトだったのですが、閉鎖してしまいました。

まとめ

  • オールドドメインの取得方法に、自分なりの基準を持つこと。
  • 被リンクが多いからオールドドメインを取得するという時代は終わった。
  • ページランクはサイトを運営し始めると直ぐに変化するのであまり意味が無い。
  • 前の運営者がアダルトサイトや、ギャンブルサイト、アフィリエイト関係の場合は取得しない。

 

あとは、オールドドメインに熟知した業者から購入すると言う方法もありますが、基本的には活用する意味は無いと思っています。
実際、どんなに細かく調べて取得したとしても「上位表示されない」といった事はあるものですし、そういったサービスを提供している方の謳い文句を見れば、「確実に上位表示されるとは限りません」といったような注意書きが必ずあるものですからね。

というわけで、オールドドメインのチェック方法などを紹介しました。

よかったら参考にしてもらいまして、お宝ドメインを探しに出かけてみてください!!

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
FUJIMURA
FUJIMURA
Lureaを購入した初月から稼ぎ出し、2014年には物販アフィリエイトで目標だった月収100万を突破。運営サイトは月間20万PVを超え、人気ブログランキングでも1位を獲得。後発組みながら安定した報酬を得ながら、購入者様のサポートを大切にしている副業アフィリエイターです。 メールマガジンでは、ここでは言えない濃厚な情報も発信+無料レポートをプレゼントしていますので、よかったら登録してみて下さい。

無料メルマガと限定特典の案内

無料メルマガの案内

 

・アフィリエイトの基礎知識と稼ぎ方のノウハウ

・藤村が稼げるようになった秘訣(何をしてきたのか?)

・100ページを超える有料級レポートを特典として配布

 

10年以上続けてきた会社員を辞めて、勢いで独立をしてみたものの敢え無く事業に失敗。

一時は生活費も支払えないような「どん底の状態」に陥った後、2012年にたまたま見つけた怪しげな情報商材である「ルレアプラス」をキッカケにアフィリエイトの世界に飛び込み、気が付けばサラリーマン時代の数倍の収入をアフィリエイトで稼ぐ事に成功。

このメルマガ講座では、そんな藤村という人間が「どのように稼いできたか?」といった経験を包み隠さずお伝えしています。