afbパートナー募集

この記事を読むのに必要な時間は【約 6 分】です。どうぞお楽しみ下さい。

ブランド力を高めるために必須のデザイン素材である「ロゴ」データを無料で提供している素材サイトや、ロゴをデザインをする際に参考にしたいサイト、ジェネレーター系サイトをまとめて紹介します。

ロゴデザイン素材一覧

ロゴはデザインの全て

自分が運営しているサービス、ビジネスを1つのアイコンとして表現してくれるロゴデータは、デザインの全てだと僕は思っています。

1つのロゴデザインが完成すれば、ホームページはもちろんのこと、名刺、パンフレットなど、全てのデザイン物に対して使用するコトが出来るため、デザイン事務所に依頼をすると結構な値段が発生するものとなってしまいますが、お金をかけてでも「独自のブランドを育てたい」とお考えの方であれば、しっかりとお金をかけてでも作りこみたいデザインパーツであることは間違いありません。

当サイトをご覧になっている方の多くはホームページ作成の初心者さんになりますので、「そこまでは・・・」と感じられていると思いますが、実際のところ、ロゴデータはそれくらい大切なデザインパーツなんです。

では、そんなロゴを自分で作る事は出来ないし、高いデザイン料金を支払うことが出来ない場合にはどうすればよいか?と言えば、無料で配布しているロゴ素材サイトを利用すればよいのです。自分のコンセプトに従って作られたものではないので、デザインを説明する際には「理由は後付け」になってしまいますけど、簡単にロゴデータを手に入れる事が出来ますので、手っ取り早くイメージを固めたい方にはオススメです。

 

POINT
起業をして、新しく会社を立ち上げる場合などには、デザイン事務所に依頼をして自分独自のロゴデータを作ってもらうことをオススメします。後からロゴデータを変更すると、とても大変です。


無料で使えるロゴ素材サイト一覧

※随時、サイトを見つけましたら感想と共に情報を追加していきます。

サイト名 詳細
ロゴマルシェ
ロゴマルシェ
利用料金:無料
会員登録をすることで、ハイクオリティなロゴデザインが無料でダウンロードできるロゴマルシェ。
ダウンロードするデータは「ai」となっていますイラストレーターや、そのほかの編集ソフトで開くことが出来て、カスタマイズも可能です。
クラウドロゴ
クラウドロゴ
利用料金:無料
情報商材系のアフィリエイトサイトでの利用は認められていませんが、会員登録も必要なくクオリティの高いロゴデータをダウンロードできるサイトです。データ形式も「ai」ですので編集も可能となっています。
LogoInstant.com
logoinstant
利用料金:無料
海外のサイトになりますので、利用規約などに注意が必要ですが、英語がわかる人には使える無料のロゴデータ配布サイト。
 

ロゴ素材のジェネレーター系サイト

ロゴをサイト上で間単に作ってくれるジェネレーター系サイトを紹介します。基本的には有料になってしまいますが、自分が考えている「ブランド名」を入力してみて、どんなデザインが出てくるかを見てみると勉強になります。

サイト名 詳細
LOGASTER
logaster
利用料金:有料
簡単な操作でロゴを作成してくれるサイト。
自分が運営しているサイト名とロゴのデザインタイプを入力すれば、さまざまなロゴデザインを提案してくれます。
気にいったロゴデータが完成したら、料金を支払えばダウンロードが可能です。
※無料の場合には小さなサイズのロゴがダウンロードが出来る。
logotypemaker
logotypecreator
利用料金:有料
上記サイトと同様、ロゴデータを作成してくれるサイトです。
カスタマイズが豊富で、何度でもロゴデータを提案してくれますが、英字のみの対応となっています。
無料で扱えるものと、扱えないものがあるようなので、詳細については、
無料ロゴ作成サイトlogotypemakerの使い方」という記事が参考になりますので、ぜひどうぞ。
 

ロゴデータ素材(番外編)

こちらで紹介するロゴデータは、自分用に使うのではなく、あくまでもロゴデザインを学ぶために見るサイトです。epsデータなどがダウンロードできてしまうのが謎ですが、勝手に他社のロゴを使用することは当たり前ですが禁止ですので、ご注意ください。

サイト名 詳細
ロゴの杜
ロゴの杜
上記サイトと同様、各会社のロゴなどを集めたサイトです。
デザインの参考にしてみても良いかと思います。
TM-R
tmr
同じく日本の有名企業やブランドのロゴデータがダウンロードできるサイトです。
あくまでも参考にする程度での利用となります。
 

無料のロゴデータ使用の際には利用規約は必ずチェック

ロゴデータが無料でダウンロード出来るとはいえ、必ずサイトごとに利用規約というものが存在していますので、チェックしてから使用するようにしましょう。

だいたいのサイトは、「配布禁止」であったり、「素材を使って他人のサイトを作成することを禁止」という規約がありますから、気がつかないうちに規約違反をしていた!なんて事がないようにしておきましょう。

また、情報商材などのアフィリエイトサイトには使用禁止といったような素材サイトもありますので、自分が使うサイトがどのカテゴリーにはいっているかもチェックしておきたいところですね。

 

 

The following two tabs change content below.
FUJIMURA

FUJIMURA

Lureaを購入した初月から稼ぎ出し、2014年には物販アフィリエイトで目標だった月収100万を突破。運営サイトは月間20万PVを超え、人気ブログランキングでも1位を獲得している。後発組みながら安定した報酬を得ながら、購入者様のサポートを大切にしている副業アフィリエイターです。 メールマガジンでは、ここでは言えない濃厚な情報も発信していますので、もしよかったら登録してみて下さい。