afbパートナー募集

この記事を読むのに必要な時間は【約 7 分】です。どうぞお楽しみ下さい。

アフィリエイトで稼げるようになる為には、キーワード選定が肝となります。

どんなに素晴らしいサイトを作りこんだとしても、キーワード選定を間違えてしまえば、商品自体も売れにくくなってしまいますし、いつまで経っても自分が作ったサイトが検索エンジンに上位表示されないことにつながってしまいます。

そんなアフィリエイトで稼ぐための重要なポイントである「キーワードの選び方」や「調査方法」を紹介します。


キーワードチェックに使える記事

 

キーワード選定が重要な理由

僕がアフィリエイトを始めた頃に、一番悩んだのがこのキーワードの選び方でした。サイトのタイトルはもちろんのこと、記事のタイトルにも使うことになるし、選び方を間違えてしまうと、一向に上位表示がされないという経験を沢山していたからです。

何故上位表示されないか?といえば、ただ単純に「ライバルサイトが強い」からでした。仮にアフィリエイトをしたいと思った商品が「Aシャンプー」だったと仮定して、自分がキーワード対策として選んだキーワードが「Aシャンプーそのものズバリ!」だったとしたら、永遠に 販売元のサイトよりも、検索エンジン上の順位で、上に行くことは出来ませんよね?また、楽天市場やアマゾンなどの巨大ショッピングモールの販売サイトを越えることも難しいでしょう。

そうなると、アフィリエイトによる収入も一向に増えることもありません。

なので、「Aシャンプー」に対して、「ツヤ」であったり、「フケ」という第二の検索キーワード選びが重要なのです。検索エンジンで「Aシャンプー」を探しているお客様が「検索しそうなキーワード」をしっかりと調査しつつ、他のライバルアフィリエイターのサイトの強さなどもチェックしていくわけです。このキーワード選定をうまく行うことが出来れば、早ければ数週間のうちに上位表示も可能ですし、いったん上位表示すれば「なかなか落ちてくることもない」ので、安定的に稼ぐことが出来ます。

また、「Aシャンプー」という商品のキーワードを狙っているにも関わらず、まったく関係のない「ウコン」等の第二キーワードで上位表示をしてもまったく意味がありませんので、そのあたりは注意してください。関連するキーワードで、売り上げに直結するようなキーワードを狙うと覚えておきましょう。

個人的には、このキーワード選定がしっかりと出来るようになれば、稼げるアフィリエイターへの第一歩が踏み出せたようなものだと感じていますので、しっかりと学んでおいたほうが良いでしょう。

 

キーワード選定の学び方

最初に紹介した、「上記キーワードチェックで使える記事」の中で紹介しているサイトで得られる情報はキーワードを選ぶ際には重要です。

たとえばGoogleのキーワードプランナーを利用して、検索数をチェックするのは定番中の定番でしょう。僕の中では月間検索平均ボリュームが3000件以上をひとつの目安にねらい目のキーワードを見つけて対策をしていくようにしています。

続いて、他の関連するキーワードを見つけてくれるツールサイトを利用して、自分では思いつかないようなキーワードをチェックしていくようにすると、ねらい目のキーワードが 徐々に浮き彫りになっていきます。

このような流れを複数回続けていくことによって、どのようにキーワードを選んだらよいか?検索ボリュームとして何件くらいのものなら上位表示出来るのか?という目安も自分の中で出来ていきます。

 

また、個人的にはサイトを作っていく過程で得られる「アクセス解析のデータ」の蓄積が重要になってくると思っています。

自分の運営しているサイトが10サイトくらいになってくると、「こんなキーワードで皆検索しているんだ」と思うようなお宝キーワードを、 自分だけが手に入れる事が出来るようになってきます。
※アクセス解析を入れている場合に限ります。アクセス解析の記事はコチラを参考にしてください。

このようなお宝キーワードをデータとして蓄積していくことで、「Aシャンプー」から「Bシャンプー」にアフィリエイトする商品を移したとしても流用することが出来るようになり、また同じように稼ぐことが出来る可能性を高めていくことが出来るわけですね。※その為、アフィリエイトを長くやっている人のほうが有利といわれていたりします。

 

POINT
たまに、稼げるキーワードそのものを公開している人がいると聞きますが、そういった情報を見つけたら、ちょっと怪しいと思ったほうが良いかもしれません。その理由は何度もお伝えしているように、「キーワードは稼ぎの肝」だからです。そんな稼ぐネタを普通に考えたら人様に公開するわけありませんからね。

 

キーワードに合ったサイトなのかは重要です

ちなみにですが、ねらい目のキーワードを詰め込むことだけを考えたサイト名にすると、後々大変なことになったりします。

たとえば、「Aシャンプーの効果を他社と徹底比較するサイト!」なんてサイト名をつけたのに、1つしか他社シャンプーとの比較記事がなかったりすれば、タイトルと中身がずれすぎてしまい、Googleとしても評価が出来なくなります。

確かに、「Aシャンプー+比較」というキーワードはアクセスも集めることが出来るし、売れるキーワードなのかもしれませんが、自分が作る事が出来るコンテンツであるかどうか?については、しっかりと考えてからアップするようにしたほうがいいですね。

 

 

The following two tabs change content below.
FUJIMURA

FUJIMURA

Lureaを購入した初月から稼ぎ出し、2014年には物販アフィリエイトで目標だった月収100万を突破。運営サイトは月間20万PVを超え、人気ブログランキングでも1位を獲得している。後発組みながら安定した報酬を得ながら、購入者様のサポートを大切にしている副業アフィリエイターです。 メールマガジンでは、ここでは言えない濃厚な情報も発信していますので、もしよかったら登録してみて下さい。