afbパートナー募集

この記事を読むのに必要な時間は【約 11 分】です。どうぞお楽しみ下さい。

こんばんは、藤村です。さて、今日は深夜便の第四弾として「最低な会社で勤めていた頃の話」を紹介しながら「嫌われる勇気も大切」という話をさせていただきます。

深夜便

※このメルマガの最後に、
5分で分かる!「楽天アフィリエイトで最速で稼ぐ3つの方法」という
簡単なPDFをプレゼントさせてもらいますので、こちらも是非どうぞ。


10年以上サラリーマンとして働いていた過去

僕が会社員を辞めたのは、2012年の5月末だった・・・かと思います。

 

確か当時は8年近く勤めておりまして、(1回転職しています)
所属部署には上司がいない状態でしたから、

実質上司もいなくて、
やりたい放題で給料はそこそこ(上がる見込みはなかったけど)。
とある業界の会社の事務として、
宣伝や人事などの事務をやっておりました。

 

「なんのやりがいもない仕事」ではあるものの、
とりあえず与えられた仕事を淡々とこなして、
普通にサラリーマンとして過ごしていました。

 

しかし、組織としては本当に最悪の環境で、
誰からも話を聞いてもらえないのか知りませんが、
上司は説教も含めて1回話はじめると数時間話しっぱなし。

 

一度説教に呼ばれたら、数時間立ちっぱなしで
しょーもない話を満足するまで聞かされることもしばしば。

 

40代を超えた一応上司の方々は、
ちょっとおかしなことがあったので指摘をしたら
ふてくされて無視をしてくるような
お子様知能をお持ちの馬鹿ばかり。

 

何も決めることもできないくせに毎日のように開催される
一日数時間の打ち合わせ、くだらない会議のオンパレード、

参加もしたくないゴルフへの強制参加
(これないなら社員じゃない、やめろ)や
強制賭けゴルフ(これって違法だよね?)、

 

定期的に開催される行きたくもない支店の飲み会への
実費での強制参加・・・社員同士の幼稚園児並みの陰口のたたきあい、

馴れ合いの中でしか会話ができない最低な社内・・・・

 

 

僕がいる頃には、全員の話を一応聞いてあげましたが、
誰一人として、他の社員のことをけなしていない人がいなかったくらい
すさんだ社内でありました。

※普段、仲良くしているようで、酔っ払ったら
「あんなやつが内勤の上にいくとは思えん!」と
僕に愚痴ってきたくらいです・・・・正直言って超くだらねーと思ってました(笑)

 

と、まだまだ愚痴を言おうと思えばいくらでも出てくる、
こんな腐った社内に僕は8年近くも在籍し、
「いつか独立せねば」と準備をひそかに進めておりました。

※会社員時代は会社を含め、会社に所属している人たちの話を
プライベートでは一切しなかった(興味がない)ので
周りは良い会社に勤めていたと思っていたようですが、
実際にはこんな状態の会社だったんですよね。

 

逆に言うと、すごしやすい環境だったとしたら
こんなにも独立志向にはなっていなかった可能性があるから、
いまとなっては感謝している部分もあるけど、

誰に話をしても「それパワハラやん」と
言われるようなことばかりが横行されていました。

 

で、僕も実際、そんな腐った人間たちと同じような人間になれば、
もっと楽にこのくそ会社にいることができるんだろうなと思ったこともあって、
一緒になって幼稚な陰口なんかにも参加してみたんだけど・・・

 

 

すぐに「やっぱ無理」ということに気がつきました。
そして、僕は「嫌われる勇気」を持つことにして、
どうせやめるんだからと腹を括り、
自分の好き勝手やってやりながら、
起業の準備をしていこうと思うようにしたんです。

まぁ、僕的には最低な企業ではありましたが、
僕には上司が実質いなかった(自分しかできない仕事を無理やり作りました)から
仕事のペースは自由自在だったので、
起業の準備も進めやすいし、
人脈を広げるための活動もしやすかったから、
「○年○月までに、○という結果」を残したら退職願を出す!と決めて活動を開始。

 

嫌われても構わないと思うと強くなる

それ以来、「嫌われる勇気」をもって
行動することがベースにするようになったので、

無視をされても「鼻くそが無視をしてくる」程度にしか
上司や同僚のことを見ないようになり、

わざと仕事が回ってこないという
嫌がらせをされても「ラッキー」と捉えて
空いた時間は仕事にも自分にも役に立つ内容の勉強タイムとして

どんどんスキルを溜め込んでいったのです。

※当時の仕事はプレゼン資料を作ることが多かったので、
Adobe系のソフトのスキルをどんどん磨いていったり、
マーケティングの知識を深めていっておりました。
これなら会社の仕事にも役立つことなので問題はないわけですね。

ただ、正直言って会社でしか役立つことのない知識などは
この当時からまったく入れることはありませんでした(笑
結果的には、目標としていた期限よりもかなり早く目標は達成され、
会社が終わると、すぐに新しい事務所の準備に
追われるという毎日を過ごすようになっていました。
「いやー、このときは本当に充実していました!」

実は会社を退職した当日、
午後は会社にいても仕方ないと思ったので、
「午前中で帰ります」と伝えて、
一応お世話になった人たちに挨拶をした後、

そのまま自宅には帰らずに、
すぐに新しい事務所で仕事を開始していたくらいだったのです。

 

もし、あのとき「嫌われる勇気」を持つことができずに、
愚痴とか陰口を言い合っている
腐った大人になることを選択していたとしたら・・・

 

今でも行きたくないなぁと思っている企業に勤めざるを得ない状態で、
年齢も重ねていたのでやめることもできずに、
ぐずぐずしていたと思います。

 

アフィリエイトビジネスに興味を持たれる方の中には、
「今の会社に不満がある」とおっしゃる方や
「会社の将来に不安がある」とおっしゃる方が多くて、
よくこういった関係のお問い合わせをよくいただくのですが、

こんな経験をしてきたので、
僕には痛いほどよくその気持ちがわかるんです。

 

んで、僕の場合は・・・・
情けないことに会社を辞めた直後に始めたビジネスでは大失敗をして
早期に撤退・・・準備不足を露呈してしまい散財してしまっただけで終わりまして・・・・
(笑えないくらい追い込まれました)

 

そして、
どうするか・・・と悩んでいたときに
アフィリエイトビジネスと仲間たちによって何とか救われたわけです。

 

 

このときに助けてくれた仲間には一生かかってでも
恩返しをしていくつもりですが、
このときにも結局助けてくれたのは人脈だったんですよね。

 

で、この話の中で何を良いたいかいうと・・・
もし会社を辞めたいのなら、
「今すぐにでも何かしらの準備をしたほうが良い」ってことです。

 

そのひとつの選択として、
副業のアフィリエイトを選ばれるなら僕は大賛成です。

 

もし、今のようにアフィリエイトを熟知していたら、
僕は間違いなくアフィリエイトを副業でやって、
月間30万くらいを稼げるようになったら
安心して直ぐにでも退職していたと思います(笑)

※僕が30万を超えたのは2ヶ月目ですから・・
直ぐにやめちゃってたかもですが、
心配性なんで、たぶん副業で30万円を
ずっと稼ぎ続けながらお金をためていくと思います。

 

とある情報商材をベースとしてお話をさせていただきますと、
無料ブログアフィリエイトの段階では
かかるお金は0円ですからノーリスクで
副業ができるわけですからやらないほうが
損じゃないかなぁって思うんですよね。
まぁ、購入代金として多少のお金はかかりますけど、
その購入代金分くらいは直ぐに取り返せますし、
例の自己アフィリエイトをすれば数万円程度の軍資金は直ぐに稼げます。

 

アルバイトのように時間給で体を使って働くよりは、
どこにいてもパソコン1台で副業ができる
アフィリエイトをオススメいたします。

軍資金を確実に稼ぐ方法(レポート)
↓↓
http://affiliate-town.info/web/kasegu30/
僕と同じように超通いたくないと
思ってしまうような会社にお勤めの方は、
一度アフィリエイトを副業にしてみるという考え方を
持ってみてはいかがでしょうか?

※専業になる必要はどこにもありません。

 

というわけで、
藤村の深夜便第四号をお届けさせていただきました。

僕も会社員時代は結構苦労していたことが
わかっていただけたかと思います(笑)
次回の深夜便では、さらに暗い話ですが、
「不動産会社で勤めていた頃の話」をさせてもらいます!

この話は超ダークですが、
会社を辞めたいと思われている新入社員方には
とても参考になるかも的なお話になるんじゃないかな?と思います。

 

最後まで読んで頂いてアリガトウございました!
※ここまで読んでいただいた方への特典として、

5分で分かる!「楽天アフィリエイトで最速で稼ぐ3つの方法」を

差し上げます。

↓↓
http://affiliate-town.info/web/1fg5/

サクッと読んで是非今後のアフィリエイトの参考にしてみて下さい。

 

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

The following two tabs change content below.
FUJIMURA

FUJIMURA

Lureaを購入した初月から稼ぎ出し、2014年には物販アフィリエイトで目標だった月収100万を突破。運営サイトは月間20万PVを超え、人気ブログランキングでも1位を獲得している。後発組みながら安定した報酬を得ながら、購入者様のサポートを大切にしている副業アフィリエイターです。 メールマガジンでは、ここでは言えない濃厚な情報も発信していますので、もしよかったら登録してみて下さい。